Call Knime from Jupyter notebook! #Chemoinformatics #RDKit #Knime

I read exiting blog post yesterday! URL is below.https://www.knime.com/knime-blog-general@dr_greg_landrum developed very cool tools which can call knime from jupyter notebook and can execute jupyter notebool from knime. Details of the tool is described in the Knime blog post. I am interested the tool and I can’t wait to try it in myself. So I usedContinue reading “Call Knime from Jupyter notebook! #Chemoinformatics #RDKit #Knime”

Make interactive plot with Knime #RDKit #Chemoinformatics #Knime

Dalia Goldman provided very cool presentation in RDKit UGM 2018 about Knime. Click to access Goldmann_KNIMEandRDKit.pdf She demonstrated interactive analysis with RDKit knime node and Javascript node. I was really interested but it was difficult to build the workflow by myself at that time. BTW, I need to learn knime for data preparation in thisContinue reading “Make interactive plot with Knime #RDKit #Chemoinformatics #Knime”

Visualize chemical space using Knime rdkit node

Usually I use python for analyse, visualize chemical space. Because, I love coding. ;-) I know, work flow tool is useful solution to do that. So, I tried to plot chemical space using Knime. Knime is one of famous work flow tool and lots of nodes are developed. I made very simple work flow toContinue reading “Visualize chemical space using Knime rdkit node”

KNIME-RDKIT-R

RDKitとPythonを使ってデータを加工して Rで解析するというケースを頻繁にやっていると全部つながるといいなーと思います。 RPY2を使ってうまく繋げるのもいいですがKNIMEを使うとそれぞれの連結ができて便利かも。 ということでトライしてみました。 KNIME上のRノードでは全部Rという名前のオブジェクトに対して処理をするようで それを理解するのに時間がかかりました。 例えばPLS回帰をする場合はこんな感じです。 Rノードおのおのでplsパッケージ読み込まないと、 おいおいmvrなんて扱わないぜ。とおこられます。 で作ったのはこんな感じです。 一個はモデルを作ってモデルと実測を比較するため もう一個はモデルに当てるためのフローです。 RDKITノードでディスクリプタは簡単にとれるし、そのあとのモデリングは上のようなスニペット書いとけば後はよろしくな感じでいいので、楽できそうです。 ローカルで全部やってるからパフォーマンスが悪い、、、 まあいいか。